新しい皮膚を再生する基底層


肌には4つの層があると前の記事で書きましたが、
「基底層」は肌の一番内側、文字通り、基盤となる、
一番下の層が、この「基底層」です。

この「基底層」での役割はとても重要なものです。
なにをしているかというと…、血液から栄養素と酸素を吸収して、
新しい皮膚を再生しているところです。
この役割が無ければ、皮膚を常に再生することができず、肌をきれいに保つことができません。

また、「基底層」には、メラノサイトというものがあり、
そこでは、シミの元になってしまう、メラニンが生成されるところです。

皮膚には、表皮と真皮というものがあります。そもそもなぜシミができてしまうのでしょうか。
シミができるサイクルとしては、基底層で生成されたメラニンが、
真皮へ達してしまうためにシミができてしまいます。

通常、このメラノサイトでは、真皮と表皮の間にあって、
紫外線が真皮まで達さないよう守っています。

しかし、年齢とともに衰えるメラノサイト。
そのために、真皮まで達さないよう守っている力が衰えてしまい、
年齢が行けばいくほど、シミができやすくなってしまうのです。
これを防ぐには、健康的な生活、特に栄養が
しっかり取れる食生活に直していくことで、防ぐことができます。

その他にも、「真皮」を守る役割があります。
「真皮」とは、表皮の下にある2mmほどの厚さの皮膚です。
この「真皮」には、コラーゲンがあり、
そのおかげで弾力性がある肌を保つことができるのです。

また、コラーゲンを支える繊維もあり、しわやたるみを防いでくれます。
しかし、悲しいことに、年齢とともにこの繊維が減っていってしまいます。
そのため、しわやたるみが進んでいくことになってしまいます。
これを防ぐよう助けてくれるのが、ヒアルロン酸です。
最近では、化粧水、乳液、美容液に含まれているものも多く、
それを積極的に取り入れることをおススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です