「基底層」の70%がコラーゲン


コラーゲンは女性にとって、とても必要なものです。
「基底層」のときにも少し説明した通り、
「基底層」の中には約70パーセントのコラーゲンがあります。
このコラーゲンがあることで、肌に弾力性があるようにしてくれるのです。

さてさて、そもそものこのコラーゲン、具体的に肌に対して、
どんな効力があるのでしょうか。
よく聞く名前でもあまり知らなかったり、間違った役割だと思っていたりしている人も多いようです。
コラーゲンとは、タンパク質のことで、
身体にはとても必要なものです。
そしてコラーゲンが、皮膚に一番多いタンパク質です。

コラーゲン自体は、臓器を支えたり、細胞同士をつないだり、
筋肉と骨との間に一番多いと言われていて、筋肉と骨をつなぎ合わせていてくれたりしてくれます。
肌に当てはめてみると、ハリや弾力性、
みずみずしさ、潤いはこのコラーゲンがあるからこそ、保たれています。

コラーゲンも肌と同じように、毎日新しいものに生まれ変わり、
古いものは外に排出されます。
コラーゲンの効果も、年齢とともに衰えてしまって、
それも質もどんどん低下していっていまいます。

そうなるともちろん、ハリや弾力性が失われていく一方で、
老化を感じさせていきます。

年齢とともにといっても、コラーゲンの場合、
なんと、20代前半から失われ始めると言われています。

つまり、10代のときが一番コラーゲンが多い年齢という言うことです。
でも、最近では気軽にコラーゲンを取り入れられるものが多くなりました。
コラーゲン入りのドリンクや、コラーゲンボールなど様々です。
でも、普段のお肌のお手入れを念入りにしていけば、
少しでも老化を防ぐことができるので、日々のケアを欠かさずにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です