6時間の睡眠と規則的な生活が美肌の秘訣


寝ることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。
寝ることはとても肌に良いことだと知っていましたか?

睡眠不足ぐらいで…と考えている人がいたら、それは大きな間違えです。
肌のサイクルとして、毎日肌の細胞は生まれ変わっていると説明しましたが、
それがいつ行われているかが、大きなポイントです。

実は、その細胞の生成は、睡眠時に行なわれていることなのです。
睡眠時に、成長ホルモンが活発に活動しているのも事実です。

小さいころ「寝る子は育つんだから早く寝なさい」と
親から言われた人も多いのではないでしょうか。

確かにその通りです。
大人になった後でも、成長ホルモンが活発に動くときに、
肌の再生も行われているのです。
どのくらいの時間の睡眠が身体に良いのでしょうか。
最低6時間は寝ておきたいところです。

もちろん7時間、8時間の睡眠を取れるのであれば、それに越したことはありません。
8時間睡眠が、一番良いと言われています。
睡眠6時間を切ってしまうと、肌荒れやニキビが出てしまうという
悪影響が出てしまうので、どんなに忙しくても
6時間寝られるような規則正しい生活をしましょう。

また、一日のどの時間帯でもいいから6時間から8時間寝れば
いいというわけでもありません。

ゴールデンタイムという言葉を聞いたことがあるかもしれません。
遅くとも10時までには就寝するようにしましょう。
午後10時から午前2時までが一番再生を活発にしてくれる時間帯です。
研究によると、午後9時に寝た人は、もっと肌の状態が
良くなっているという結果もあるので、9時から10時までに寝て、
朝6時から7時に起きる生活リズムが肌に一番良いことが分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です