生理の周期や変化をチェック!女性ホルモンの変化が肌に影響します


生理周期をチェックしている人は最近多いのではないでしょうか。
女性には生理周期というものがあって、周期によって、
身体の状態が変ってきます。
ダイエットでは、生理あとの1週間が痩せやすいとか、
生理前は精神面でイライラしやすいなど、身体の変化があるのが事実です。
もちろん肌と生理周期にも大きな関係があります!!

1年中全部同じ肌のお手入れをしていてもあまり意味がないときもあるかもしれません。
そのため、自分の生理周期を知っておく必要があります。

大体生理周期は約25日~38日前後で、個人差がありますが、
この周期で回っているはずです。まず、自分の周期を知るためには、
基礎体温を測ってみましょう。

排卵期には体温が上がり、生理前には体温が下がるなど、
体温の変化で、いつ自分に生理が来るのか読むことができます。
また周期によって、女性ホルモンの分泌が変ってきます。
女性ホルモンには2種類あり、エストロゲン(卵胞ホルモン)と
プロゲステロン(黄体ホルモン)というものがあります。

エストロゲンは外見の女性らしさを作るのに対し、
プロゲステロンは生理コントロールなど、女性特有の働きを
コントロールするホルモンとなっています。

肌の美しさを保つのにこの2つのホルモンがどう分泌されるかを
知っておく必要があります。

エストロゲンは皮脂分を抑える役割がある一方で、
プロゲステロンは皮脂分を多く分泌する役割があります。
排卵から生理が始まるまではこのプロゲステロンが多く分泌されるので、
ニキビや肌荒れを引き起こしやすくなります。

つまり、この時に皮脂分を増やしてしまうようなスキンケアをしてしまうと、
ニキビや肌荒れをさらに悪化させることになります。

このように、周期に合わせて体内の動きを知っているなら、
それにあったケアをすることによって、美しい肌を保つことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です