よく聞くターンオーバーってなに?


肌のお手入れでよく耳にする言葉、「ターンオーバー」とは、肌の生まれ変わりのことを指しています。
肌は28日周期と言われることが多いですが、肌自体は毎日毎日生まれ変わりをしています。
細胞自体の寿命が、28日ということです。
そもそも肌は何層にもなっています。
肌は大きく分けると、4つの層、基底層、有棘層、顆粒層、角質層に分かれています。

基底層で、基底細胞が生まれ、それが細胞分裂を起こしていって、
有棘細胞、顆粒細胞、角質細胞と変化していき、最終的には角質として落ちる、このサイクルのことを
「ターンオーバー」と言います。

若いうちは、この「ターンオーバー」の働きがとても良いので、
肌の質をきれいに保つことができています。

「ターンオーバー」の働きが良いと判断できる肌の状態とは、
まず、透明感があること、肌に弾力があること、肌が荒れたり、
ニキビがあまりできていない状態であれば、「ターンオーバー」」の
働きがしっかりとなされていることになります。

でも、この「ターンオーバー」の力、とても嫌なことに、
歳とともに衰えていきます。そうなってしまうと、
古い肌の細胞が、上手に角質細胞へ変化することができないので、
新しい肌を表に出すことができず、古い角質がはがれにくくなってしまい、
肌がどんどん厚ぼったくなってしまいます。

そうなってしまうと、肌がたるんで見えてしまい、
老け顔に近づいてしまうのです。

また「ターンオーバー」は紫外線によっても働きを悪くさせてしまいます。
ですから、肌が乾燥しやすくなったり、紫外線を多く浴びたり、
肌が荒れたりなどの問題に悩まされ始めたら、
「ターンオーバー」の働きが悪くなってきたかもしれない…と思ってもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です